コラム&ストーリー

写真を愛する皆様へ

2011-09-15

何気ない日常の中に、新しい発見がある。小さな幸せが見つかる。
そして、そこから時として後世に残る感動の記録が刻まれる。
今日もまた、そんな一瞬を捕えた写真が、世界のどこかできっと生まれている。
そこに関われる幸運を噛みしめながら、私たちは日々カメラを作って、お客様にお届けする仕事をしています。
良い写真は、時代も、国も、使用機材も様々ですが、時間を経ても感動が薄れず、むしろ、より強い力が宿ってくるものです。

デジタルカメラのような技術進化の早い世界に身をおいていると、
新しい技術を搭載した新製品の競争にばかりに目を奪われてしまい、写真にとって
大切なことを、じっくり考えるゆとりがなくなってしまいがちです。
カメラメーカーとして提供できる、本質的な価値を見失わないように、いつもお客様と一緒に
「良い写真とはなんだろう」 「良い道具とはなんだろう」と考えていく企業でありたいと、思っています。

リコーのカメラは地味で代わり映えしないとよく言われますが、
話題性だけを追求してデザインチェンジを繰り返すよりも、永く価値が積み重ねられていくものと信じる結果なのです。
これからも、使い込むほどに手放せなくなる道具づくりを目指して取り組んでいきたいと考えています。

私たちの喜びは、心を揺さぶる素晴らしい写真に出会えることです。
私たちのつくり出す小さなカメラで、たくさんの感動が創られることこそが、なによりのやりがいであり、誇りなのです。

"Candid Photo"心の動いた瞬間を切り取る、撮影者のセンスのフィードバックがある撮影スタイル。
小さなカメラを持ち歩くだけで、誰もが気軽に楽しめる、誰もが創造者になれる。
そんな写真の楽しみ方を、これからもリコーは提案していきたいと、思っています。

そして本日、スナップシューターという変わらぬコンセプトのもと、GR DIGITAL Ⅳを発表いたします。
これからも、お客様と共に成長させていく商品でありたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

続きはこちら

投稿者 管理人 | TrackBack(12)

To those who love photography

2011-09-15

There are new discoveries in everyday life. Moments of happiness captured in
the photograph could make an impressive record to be remembered in the future.
A photograph capturing such a moment is probably taken today, somewhere in
the world. We produce cameras and deliver them to our customers day-to-day,
relishing the happiness of being involved in this process.

Good photographs, depicting whatever eras and places or taken by whatever
equipments, continue to convey the same sensation and energy over time.
In the field of digital cameras where technology evolves so fast, manufacturers
tend to focus more on the competition of new products embedding new
technologies, leaving behind the time to thoroughly think about what is essential
for photography. While at Ricoh, we are more committed to pursue the authentic
value for the customer, questing answers for "what is a good photograph" and
"what is a good equipment". Some say that Ricoh's cameras look too plain and
simple, but this fact exemplifies our design philosophy. You will soon learn that
the more you use our cameras, the more indispensable they become.

Our reward is to encounter wonderful and inspiring photographs. Contributing to
the creation of many sensations by producing cameras is the biggest motivation
and pride for us.
"Candid Photo" is a style of photography to capture the moment that inspires
you in daily life, and a style that expresses the photographer's perceptions and
sensations. By carrying a small camera, anyone can casually enjoy candid photo
and become a creator. Ricoh cherishes this photographic culture and is
determined to continue promoting how to enjoy it using our tools.

Gratefully yours

続きはこちら

投稿者 管理人 | TrackBack(0)

シバリエに捧ぐ

2006-11-07

手紙

続きはこちら

投稿者 管理者 | TrackBack(5)

GRブログ開始前夜のストーリー

2005-08-30

2005年8月30日、GRブログ開始の前夜の今日。
あるリコー社員とGRのストーリーを1つお届けします。

彼女とGR1

工学部の2年生だったとき、
彼女は夜間の写真専門学校に通っていた。
ある日、講師役のカメラマンが、
一台のコンパクトカメラを持って教室にやってきた。
GR1というカメラで、とても気に入っていると言う。

続きはこちら

投稿者 管理者 | TrackBack(87)
PAGE TOP